ビル・エヴァンス、そしてPerfume…

ビル・エヴァンスとPerfumeと並べると、 え? と怪訝に思われそうだが、最近、ブログやSNSを書く際、 BGMとしてずっとこのCDを繰り返しかけていた、 というだけの事。 ビル・エヴァンスのCDは、10日に発売されたばかりの 曰く「幻の未公開録音盤」 Perfumeは、2009年に発売された当時購入したものの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花瑶会春の会終わる

昨日10日、誠に穏やかな好天に恵まれて、 緊張と楽しみと冷や汗と晴れの、春の会無事終了。 私の見通しが甘く、終了予定時間を30分も超過したの だけが残念。そのために打ち上げ開始が遅れてしまい、 一刻も早く喉を潤したい会員の皆さんには申し訳なかっ たです。私も、ですが(苦笑) 特筆すべき成果が如実に見られて感激。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル・エヴァンス

一昨日、京都での稽古の帰りにのぞみ車内で読んだ 週刊誌の裏表紙全面にビル・エヴァンスのCDの全面広告が… 「ジャズピアノの詩人 ビル・エヴァンス!!! 超幻のスタジオ録音!!4月10日発売!」 1968年6月20日ドイツで録音と。 東京駅到着。裏表紙を引きちぎって、本体はホームのゴミ箱入り❗ 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ

 音楽……  この頃「病院行き帰り」のラジオは、NHK FMより、FM 東京を聞くことが 圧倒的に多い。体調悪く足腰の痛みでストレスが溜まっているせいだろう。  クラシックに聴き入る余裕がない。それでも聴いてしまうほどの曲は滅多に 流れないし、たいした曲でもないのに、その大仰さがかえって煩わしい事もある。  クラシック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人花の会主催の催し予告

天地人花の会主催の催しの予告です。 <舞金剛~仕舞鑑賞サロン~第2回 修羅のあわれ「八島」「清経クセ」                                 「敦盛キリ」>                      (画像は能「敦盛」工藤寛 撮影石田裕)   日 時:平成28年4月23日(土)11:3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィギュアスケート世界選手権女子

フリー終わり、結果が出た翌日のTV各局報道?(の名に値しないので、、?)7位の浅田真央のことばかりで、5位健闘の宮原知子は殆ど伝えられず…この不公平、なぜ? それよりも何よりも、1位メドベージェワのことも2位ワグナーのことも3位ポゴリラヤのこともろくに伝えない不思議。素晴らしい!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花瑶会向こう1年間の予定

 鬼に笑われそうですが、  自分の意識に植え付けておく意味合いも込めて、  私の生徒さんたちの教室  「花瑶会」の向こう1年の行事予定を…    平成28年(2016)春の会(主に素謡と仕舞の発表会)            … 4月10日(土)10:30~17:15              於 杉並能楽堂   …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

折節に…3月23日

◆この3週間、足腰の不調で行動が思うに任せない日が続いている。そのため19日の東京金剛会例会能を欠勤せざるを得ず、初めてのことで来場の皆様にもおシテにも、出演者の方々にも申し訳なく、誠に無念の思いが募る。  一日も早い快復をめざして、数種の治療を並行して受けている日々。31日には究極の注射治療「腰部神経根ブロック」をしてもらう予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折節に3/1

■28日の日曜夜、大学時代京都で下宿が一緒だった友人が仕事で上京し、神保町のホテルに泊まると言うので御茶ノ水で会った。おおむね上京の度に連絡してくれるので、二三年に一度は会っている。嬉しい事。 お互い60を過ぎて決して体調万全とは言えないこの頃なので、自然、先ずは老いと衰えへの愚痴が話題になる。これも致し方ないか。日曜夜の学生街と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞金剛~仕舞鑑賞サロン~開催

能五流の中でもとりわけ優美・華麗・鮮烈な舞振りに定評があり、「舞金剛」と称される金剛流の舞。 能の舞のエッセンス「仕舞」の独演と易しいお話で、能に親しんで頂くサロンを開催します。 天地人花の会 金剛流能楽師工藤寛の主催。 ☆日時 2月27日(土)11:30~12:30 ☆内容 第1回~幸福への憧れ~      仕舞「淡路」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

式能「翁」「竹生島」

 能にして能にあらず、、、の「翁」は厳粛にして清爽の独特の雰囲気を持つ。そういう意味で、日本の古典芸能でも珍しい貴重な作品だし、厳粛清爽の趣に於いて最高峰に位置するものと私は思っています。  そこには古(いにしえ)より連綿と続く豊穣寿福への真摯な願いを感じます。    続いて上演の「竹生島」。  シテとツレは、普通は「一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北より帰京して

 東北巡回中は思いの外平気だったのに、年のせいか(苦笑)昨日と今日は身体中バリバリ、腰痛も辛い、情けない状態⤵昨日はマッサージ、今日はブロック注射と鍼で、ボディケア。  鍼は例によって車で片道40分の北里。病院の庭の、ぼけと紅梅の蕾が幾つか花開いているのが目に入り、思わず写メに。近づいてアップも撮ろうとすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北三市町巡回公演終了

青森県弘前市、宮城県加美町、同仙台市の小学校巡回公演、本日の仙台市を以て終了。どこの小学校も先生方始め児童生徒の皆さん大変喜んで下さって、行った甲斐がありました。 それぞれの学校の地域性みたいなものも、子供たちの反応に感じられて、興味深かった。弘前はかつて小さな城下町の文教都市、加美町はのどかな田園地帯、仙台は江戸期の大藩の城下町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more