続 院内点描

隣の新館(2号館)1Fには、今評判の人工知能ロボット Pepper(男の子?女の子?)がいる。 話しかけたことがある。「ちょっとおはなししようよ」 反応が、ない。「ねえ、お話、、、」と続ける、、、 やがて、胸に掲げる液晶モニタに文字が表れ、見ると「診療案内」 とか「施設案内」とか「おしゃべり」とか、、、4つほどのカテゴリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院内点描

今日は夕方から雨。入院生活3週目ともなると、院内の様々な景色が、 様々な思いとともに心に留まる。その二つ三つ。 患者や面会者が様々にくつろぐdayルーム。 私は、朝食前は、ここを起点に「ロ」の字型の通路を3~5周の歩行運動。 終わると、ここで、リハビリで教わった幾つかの体操。 夕食前は、読書か、スマホにダウンロードした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/19式能の日、入院三週目に入る

今日は能楽協会主催「式能」。『雪』の地謡を勤めるはずでした。 何とも言い様のない気持ち。 昼下がりのテラス、外堀通りに面したカウンター席で、 『平家物語』を読み、5月に勤める『泰山府君』の謡、 少しでも覚えるか。 前々からのお気に入りの活躍で嬉しい事が二つ。 ジャンプ、高梨沙羅が、Wカップ最多勝タイの53…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペ終わり無事生還

「相当リスキーな手術になることは間違いないです」 と言われて臨んだ再手術でしたが、幸い無事に終わりました。 6時間弱かかったようですが、12時間の手術を乗り越えた 友人の事を思えば、、、ですね。 術後3日間ベッド上のみで過ごし、以降少しずつベッドから離れ、 今は、一人歩きもできるようになりました。 洗顔し、食事し、排…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞祥に守られ明朝再手術、そして桜町中納言

スケジュール調整がうまく行き、明日8:30より再手術。 前回手術の際は、15、6年手術に携わって来られた先生方にとっても 初めて経験する事態か起きたようで、明日の再手術に当たっては 可能な限りの対応を準備の上、臨んで下さる。 それでもかなりのリスクは避けられない旨の説明。 しかし、今日は幾つかの瑞祥と言える事があったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久方ぶりに地上の人

入院6日目にして12F病室から一人で1F に降りる事を許されました。 昨日も一昨日も、独り歩きは許されたものの、デイルームの窓から 天地の境ばかり眺めていたのが、 遂に下界に降り、地上の世界に!! そこは、院内コンビニLAWSON前のテラス(笑) やはり、俗人には、地上の塵芥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院生活2月6日

今回の入院は、どうやら過去三回の入院とは訳が違うようです。 過去三回の入院では、今回のように、数日に渡ってベッドに拘束される ようなことはありませんでした。 今回はベッド上に拘束され、洗顔も食事もなんと排泄も!!!何もかもベッド上。 これは辛い。 しかも事情あって金曜日に再手術なので、この数日の倍を、また ベッド上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院生活2月4日

今日の夕飯、ごはん、照り焼き豆腐ハンバーグ、オニオンソテー 里芋と鶏の炒り煮、そして白菜の柚香いりびたし。  一昨日入院し、昨日午後3時手術開始。 身体が拒否したのか、メスを入れて程なく、心臓の脈が 激しく乱れ、血圧も急降下して危険な状態になったので、 手術を急遽中断し、集中治療室に移動して救急処置をとった そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六条御息所、私にとり憑く「葵上」「野宮」

昨年12月19日に「野宮」を勤め、55日後の明日、私は入院しますが、19年前は、 「葵上」を12月6日に勤めた31日後に、やはり入院したのでした。 どちらもシテは六条御息所。 19年前は、頸椎椎間板ヘルニアの激痛で一ヶ月入院。 今回は頸椎症性脊髄症なる病名で腕手足の痺れマヒこわばり、 脱力のため入院。 どちらも頸部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院中の課題

2週間の入院は、自分の稽古の面でも、影響大です。 2月3月の舞台は地謡欠勤を許して頂きましたが、その後、4月12日(水)の 国立能楽堂主催公演「采女」(シテ宇高通成)の地謡のお役を頂いたし、 5月20日(土)は、東京金剛会例会にて、流儀のみにある「泰山府君」を 舞わせて頂くことになっています。 「泰山府君」は金剛流のみの曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通院の記

昨日は11時から17時まで順天堂医院で過ごす。 受付ロビーフロアではお雛様飾りがお出迎え。 1週間後には、自分は、この建物の12階の住人になって外を眺めているのだな と感慨にふけりつつ、お茶の水駅に向かいました。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院を前に、、、

あと10日で入院。病院に持っていく本を決定。 生涯初めての入院は、18年前。一ヶ月間。 その後最近5年間で2回入院。 都合、今回で4度目の入院。 痛感したのは、入院生活は退屈、ということ。 そして、夜は寝られないということ。 なにしろ、夜は9時消灯。寝られる訳がない。 私が眠剤を使うようになったのは、18年前の入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフレッシュの夜

身体がバリバリなので、今夜は明日の花瑶会謡い初め新年会に備えて、 中野にてボディーケアとメンタルケア? ボディーケアは、南口リフレキュア。 もう何年もお世話になっております。全身たっぷり75分。 その後、メンタルケア?に(笑)数年ぶりに北口ダイニングバーDUNKへ。 ここは数年前まで南口にあったお洒落で贅沢なピアノバー、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分一新!

一昨年暮れに足腰の障害に悩まされるようになってから、ずっと 身体の不調から逃れられずに来ています。 殊に昨年元旦、厄除けご利益を謳う町内の妙法寺で引いた初詣のおみくじが 「凶」で、しかも「不具になる」と断言する文句を目にした時は そんなもの気にしないタチの私も、足腰障害の真っ最中だっただけに、 さすがにショックでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可憐な仏花

我が家は仏様(御本尊お釈迦様 工藤家ご先祖 両親  初代愛犬瑶ちゃん 妻の父)に供える花を、毎週花屋さんに届けて 貰っています。 今週の花は、殊に可憐で美しく感じましたので、写メに撮り、 保存することにしました。 もともと花の名称などにはあまり関心を抱かなかった私なの ですが、花を届けてくれる花屋さんが、納品書に花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「るろうに剣心」の志々雄真実(ししおまこと)

あり得ない不死鳥の如く甦った志々雄真実に仰天(笑) 9日は、NHK BSTVで一大スペクタクルアクション時代劇映画? 「るろうに剣心─京都大火編─」視聴。 幕末最大最強の人斬り剣心の弟分、志々雄真実は、 自分を騙し討ちにした新政府軍に刺され焼かれ、 命を絶たれたはずなのに甦る。 マンガを原作にした映画なので、素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私の息子を殺したのはなぜですか」

「茂山千三郎の会」(国立能楽堂)後、帰宅夕食済んでボケ~~と視聴していたら。 NHK TV「クラシック音楽館」:戦後ポーランドの作曲家グレツキの 「悲歌のシンフォニー」 第二楽章ソプラノ「 人でなし教えて なぜ私の息子を殺したの 」 今のこの日本にも『人でなし』が、、、安部自公政権。 「人でなし教えて なぜ私の息子を殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花ちゃん、我慢の限界!!

今日は私も妻も朝から年賀状(寒中見舞い?)書きに掛かりっきり で、全くかまって貰えない花ちゃん。 暫くは私の側でいらいらしながら我慢していたものの、遂に 堪忍袋の緒が切れ、「遊ぼうよ─」と、私の膝にさらに腕に 遂にはペンを握るその手に、実力行使とばかりに飛び付いて┉ その一部始終をご覧下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイトル画像更新

2016年11月19日、東京金剛会例会能にて舞わせて頂いた、 雪降りしきる葛城山が舞台の、まさに冬の能「葛城」の前シテ里の女。 「…帰る姿や山人の 笠も薪も埋もれて 雪こそ下れ谷の道を…」の 初同(最初の地謡)の場面。 面、金剛宗家蔵「増女」(現宗家の三代前の当主金剛謹之輔、前名直喜 の作)、なかなかの名品です。この写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆様、明けましておめでとうございます。

皆様明けましておめでとうございます 日付変わってまだ50分ほどですが、 2017阿佐ヶ谷神明宮迎春奉納能「葛城」勤めさせて頂きました。 お陰様にて例年にも増して大勢の観覧の方々に見守られ、 お天気にも恵まれる中で、恙無く勤めさせて頂くことができました。 改めて御礼申し上げます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more