能楽師 工藤 寛〜空を歩く〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 上野、、美と神霊のスポット

<<   作成日時 : 2019/01/11 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

10日は、上野、国立西洋美術館で、
ルーベンス展を鑑賞


公園奥の東京都美術館ではムンク展を開催
していたので、こちらも併せて鑑賞。
画像


画像

公園は元々上野寛永寺の敷地境内で、東照宮や
清水観音堂もあるので、ご朱印を集めている妻と
先ずはそちらに参詣。
画像


私はご朱印を集めている訳ではないけれど、
見事な筆致のご朱印の数々を目にする度、書の
美しさ奥深さに感銘しないでは居られない。

東照宮では併設の牡丹苑も覗き、色彩も鮮やかに
大らかに咲き誇る寒牡丹の数々を堪能。

画像


画像


画像


東照宮。
だいぶ前にはこちらの拝殿で江戸時代に倣って
古式謡初め式を行っていて、私も地謡に出勤させて
頂いたこともあるので、とても懐かしかったです。
毎回厳しい寒さの中、三流の家元による居囃子
「高砂」「東北」「岩船」、舞囃子「弓矢立合」の
四番を上演していました。
財政難?の為?無くなったのは淋しいですね。

清水観音堂では、月の松の真ん丸な枝振りに
びっくり仰天(笑)歌川広重の絵にも描かれるだけの
ことはあります。

画像

ムンク展は大変な人出で入館規制するほど。
内から内へ強く語りかけるような多様な色彩表現に
心打たれる。

最後に、疲れた身体に鞭打って!ルーベンス展。

小学3年生の頃読んで深い感銘を受けた物語
「フランダースの犬」の、画家になるのが夢の、
薄幸の少年ネロが、見たくて見たくて仕方なかった
その絵が、教会に飾られたルーベンス。

その記憶から、「ルーベンス展」があると知って、
とにかく私も「見たい!!」と。

圧倒される迫力、荘厳さでした。

上野公園、美と神霊のスポット探訪の一日。

帰宅してからも、まるで知恵熱にうかされたように
気持ちが高ぶって、身体は疲れているのに、なかなか
寝付けませんでした(苦笑)😆

薬を、副作用気にせず真面目に飲み続けているのと、
(副作用に身体が慣れてきた?)
やはり舞台を休んでいるのが良いようで、結構な
距離を歩いた割には、一日経った今日も、
足腰へのダメージはさほど感じられず、
疑心暗鬼ながら、少しホッ、、、

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上野、、美と神霊のスポット 能楽師 工藤 寛〜空を歩く〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる