伊豆下田へ休養に

6月28日の急性心筋梗塞以来、9月、東京金剛会例会能
「鉄輪」終わり、10月、生徒さんたちの秋の会終わり、
やっと心身を休める時間が取れることに…


昨年は、頸椎の手術二ヶ月足らずで、生徒たちの
春の会、例会能「泰山府君」の舞台。
今年は急性心筋梗塞後三ヶ月で、「鉄輪」の舞台、
生徒たちの秋の会。
人は「その程度」と言うかも知れないが、私としては、
「無理の連続、良く乗り切ってる」と思う。
流石に心身休めたい、と、伊豆下田へ。

画像


何故下田?
海を眺めたいから。
豊かな緑に大空と海が境目なく続く大パノラマ。
期待通りで、大満足!

画像


温泉もゆったり広々、しかも貸し切り状態😊
そこからも山の緑と大海原が。
公園、史跡、社寺を巡り、潮の香りにうっとりしつつ、
漁船が停泊する船着場を散策し、程々の運動も。

画像

心が和んだのは、水族館でのかわいい海の動物たちとの
出会い。
ペンギンやイルカは、ショーを見せてもらったほかに、
光栄にも、一緒に記念撮影も!

下田湾クルーズ船を追って来たカモメたちも、
私たちに話しかけているようで、とても可愛かった。

画像

画像
画像


画像


「唐人お吉」の話を詳しく知って、感慨深いものが
ありました。相思相愛の鶴松という許婚者がありながら、
アメリカ総領事ハリスの愛人のような形で、彼に仕え
最期は酒に溺れて川に身を投げた、その哀れな生涯には
胸が詰まる思いがしました。
「唐人」なんて呼び方はどうなのかなとも。
「お吉さん」ですよね。
下の画像は、お吉さんがハリスの元に行った時に
乗せられた籠なんだそうです。

画像


十何年ぶりかで、妻と「休養」と言える旅行をしましたが、
休むことも大切とつくづく思いました。

下田……間違いなくまた滞在したい町。

そうそう、下田市街を見下ろす寝姿山の、岩を割って
グングン成長した石割楠!

見習いたいものです😄

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック