能金剛流 工藤 寛〜思いの露〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑶ちゃん亡くなって早や6年

<<   作成日時 : 2017/07/01 21:07   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

6月29日は、我が家の初代愛犬瑶ちゃんが亡くなってまる6年。
仏様の数え方では7回忌です。

菩提寺のご住職さんにおいで頂いて、庭に設けた墓前で、
お供養して頂きました。
亡くなった年に植えて、その年すぐにお墓に寄り添うように
一輪ぽっかり咲いた木槿は、

画像


その後すくすく伸び、今では私より
遥かに大きくなり、年々沢山の花を咲かせています。
ピンクのベゴニアも亡くなった年に墓石に沿えて植えたところ、
風雪に耐えて毎年きれいに咲き続けています。
画像

 

我が家では「瑶ちゃんパワー」と称えています。

ところが!!
その命日の三日前、折からの大風に根こそぎ横倒しになってしま
った木槿。
妻が必死で起こし、根っこの土を踏み固めて、植木屋さんを呼ん
で大丈夫か尋ねたところ、花も生き生きしているし、大丈夫、
との言葉を頂いて、さすが「瑶ちゃんパワー」と、ほっと一安心。

しかも、それのみならず❗❗

植木屋さんと我々と、木槿を囲んで
心配しているところに、白い蝶が、ひらひらと舞うように飛んで
来たのです。

私は、この蝶は瑶ちゃんの霊だと信じています。

母が亡くなって七日目、私が舞台出勤のため、いつものように、
この庭に寄ると、どこからともなく揚羽蝶が現れて、ひらひらと
私にまとわり付くように舞い飛びましたが、その時と同じ。

この度は、瑶ちゃんらしい可愛らしい白い小さな蝶でした。

目撃者、私、妻、そして第三者の植木屋さん。

その前も後も蝶を見かけることはないのに、その時だけ!!

母の場合と言い、この度の瑶ちゃんの場合と言い、私には、
生死には理屈のみでは計り知れない魂の世界があるように
思われてなりません。

瑶ちゃんは、艱難辛苦に耐えたワンちゃんでもありました。

私どもは、練馬区大泉、杉並区阿佐ヶ谷、そして現在の
杉並区堀ノ内と三度引っ越しをしましたが、瑶ちゃんも
その引っ越しに毎度付き合わされ振り回され、、、

そして、大泉に住んでいた頃は、私も妻も遠方への
出張稽古が多く、それが重なることも多かったので、
瑶ちゃんは夜遅くまでお留守番することが、
とても多かったのです。

しかもその頃、瑶ちゃんはまだ子供。
辛く寂しいことこの上なかったろうと察するに余りあります。

事実、私どもが帰宅すると、狂ったように駆け寄り抱き付いては
飽くことなく顔を舐めまくるのでした。
走りながらの「嬉ション」も珍しくはありませんでした。
画像



また、生涯体重820グラム❗のギネス並み極小犬だった
こともあり、歯が弱く、ペットフードの粒を咀嚼することが
できませんでした。
それで、小さい粒を更に小さく砕いたり、
ペースト状にしてあげるのですが、食道も狭いため、
呑み込むのに苦労してゲホゲホすることも、
珍しくありませんでした、、、

画像


そんな瑶ちゃんでしたが、性格は至って温和で明るく積極的。
社交性に富み、みんな大好き、
誰とでも仲良くなりたい
「全方位平和外交」犬なのでした(笑)

思い出せばキリがありませんね。

私どもの心に永遠に生き続ける瑶ちゃんであります。
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑶ちゃん亡くなって早や6年 能金剛流 工藤 寛〜思いの露〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる