能金剛流 工藤 寛〜思いの露〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュシャ展

<<   作成日時 : 2017/03/09 00:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大好きな画家の一人、ミュシャの作品展が、国立新美術館で今日から
6月5日まで開催される由。

3月25日、私の誕生日に連れ合いと行く事にしました。
なお、参考までに記しますが、この日は、金剛流現宗家金剛永謹師の
祖父、初世金剛厳師の誕生日と同じなのです。

故に、私は初世金剛厳師(画像下)の生まれ変わりだと
密かに確信しているのですが、誰も信じてくれそうにないので、
今まで公けにしたことがありません。
しかし、、、事実なのです(力無く、笑)

それはさておき、この度相当数の作品が展示されるようで、
こんな作品展は、今後、少なくとも私が生きている間は、
もう二度とないでしょう。


中でも、全20作からなる『スラブ叙事詩』が、殊に楽しみ。

私の所有する作品集(画像上)によると、
大きいもので6×8メートル、小さいもので4×5メートルの大作群
だそうです。
スラブ民族の栄光と悲惨を描くとされ、たまたま書店で
偶然に見付けたこの作品集の中に、初めてこの作品の数々を
目にした時は、深い感銘を受けました。

幻想的な色彩・壮大な構成の中に緻密に描かれた、人々の悲しみや
怒りや救いを求める祈りの表情や姿態、群像に、
心を突き動かされない人はいないでしょう。

そんな作品を目の当たりにできるとは、何と言う幸せだろう。
今から楽しみで楽しみで仕方がありません🍀

(所有するミュシャ作品集表紙)
画像


(初世金剛厳師)
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミュシャ展 能金剛流 工藤 寛〜思いの露〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる